竹下屋の代表店舗 「名谷駅ナカ店」の販売スタッフ募集!【1名】


|どんな社会問題にアプローチしているか


野菜を見た目や形で評価しない。 規格がない独自の農産物流通・販売によって、 農産物のフードロスをなくす。

日本のフードロスは約640万トン。 その量は日本人全員が毎日おにぎり1個を捨てている量に値すると言われています。 それは農業の生産現場でも起きている。 日本で生産した農産物のうち約3割は「規格外」とされ廃棄されているのが農業の現状です。 どんなに腕の良い農家でも規格外品はでてしまい、「作ったものが全部は売れない」状態が恒常化しています。 タベモノガタリ株式会社が運営する「八百屋のタケシタ」では、 見た目や形ではなく味や農法にこだわった仕入れ基準で独自の農産物流通を創り出し、 農家が生産した農産物すべてが「おいしく」消費される社会を目指しています。



この仕事について


竹下屋の代表店舗「名谷駅ナカ店」で、地域に愛される店を創る。


TV放映を受け地域に定着してきた名谷駅ナカ店。そんな竹下屋の代表店舗での【販売】のお仕事です。 常連さんとの温かい会話、野菜の食べ方の紹介、元気と笑顔をお届けする、心温まる仕事です。 時には私たちが販売しないと廃棄されてしまう傷物野菜も並びます。共に圧倒的な販売力を持つ店舗を作り、フードロス削減を実現しましょう!



詳細の条件・給与の確認、エントリーは以下のリンクのページよりご覧いただけます!

https://www.borderless-japan.com/recruit/careerdetail/?id=45555

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon